アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

    苦手な撮り方  

    _MG_6716.jpg
      EF70-200mm F4L IS USM EOS 5D MarkII

    前回の写真を撮影中、霧がいい感じになるのを待っていると、白鳥が目の前を通り過ぎていった。
    間に合わないかぁ、と思いながらも、急いで三脚からカメラを外して、絞り変えて、感度変えて、露出補正して、IS入れて、ようやく1枚。
    こういう咄嗟の撮影はまだまだ苦手だなぁ。
    でも、ピントはハズしたけど、感度上げすぎた(ISO3200)けど、思いのほかいい写真が撮れてちょっと嬉しかったな。
    スポンサーサイト
    tb: 0   cm: 0

    腹が立つ  


      EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM EOS 5D MarkII

    白鳥が怒ってます。
    私も怒ってます。
    まぁ、私と白鳥の怒ってる理由は違いますが、朝から気分が悪くなる光景を見てしまったもので。
    怒ったというより、呆れて笑ってましたが。

    _MG_6707_convert_20120220181435.jpg
    このお二人さん。餌を撒いて、白鳥が寄ってくる姿を撮影。機材はいろいろ持ってそうだけど、下手くそでうまく撮れなかったのだろう、手にした竹で水面あたりをバシャバシャやって、白鳥を追いやってから、また、餌撒いて白鳥が寄ってくる姿を撮影。これをずっと繰り返してました。。。
    はぁぁ、大の大人がそんな子供みたいなことして、恥ずかしくないのかね。
    それにしても、何回チャレンジしてんだよ。下手くそ。
    tb: 0   cm: 4

    白鳥の写真  


      EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM EOS 5D MarkII
      【夕暮れと安らぎ】

    前回、オンとオフの切り替えが大事みたいなことを書いたが、
    今日も仕事が休みのはずなのにずっとオン(仕事モード)の状態。
    今日中に仕上げなければならない起案があるのだが、夕方とうとう溜まらずに30分だけ写真を撮りに出かけた。
    早く仕事を終わらせたいと焦る気持ちとは裏腹に、やっぱり外に出て、外の空気に触れて、自然に接すると気持ちが
    いいし、もやもやした気分もスッキリ。
    こうしてブログを更新している時間があるなら、さっさと仕事を片付けたほうが、、と思うのだか、
    これも一つの気分転換^^

    今日の写真は、ご覧のとおり夕暮れの川と数羽の白鳥。
    このあたりには、数えるぐらいの白鳥しかいない。
    数キロ上流側には何百という群れでいる場所があるのに、なぜ合流しないんだろう。寂しくないのかな?
    tb: 0   cm: 0

    白鳥の写真  

    120116_36_55999_3.jpg
    EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  EOS 5D MarkII  ISO100 1/100sec. f9



    EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  EOS 5D MarkII  ISO640 1/60sec. f6.3
    【ただいま!】


    晴天の夕方、餌を食べ終えた白鳥たちが次々と寝床に帰ってくる。
    大空を滑空してくる大きな体。スピードを落とすため羽と水かきを大きく拡げ一段と大きく見える。
    空気抵抗で生じるブルブルブルという音も合わさって、その姿がとても勇ましい。


    風邪は未だ治らぬが、動けないほどでもない。
    夕方少しだけ白鳥の寝床へ行ってみた。
    ちょうど時間帯もよく、30分ぐらいのうちに70羽ぐらいが餌場から帰ってきた。
    どちらかというとこちらに向かってくる形での着水で、流し撮りには不向きの撮影場所。
    流し撮りの挑戦はまた次回。
    それにしても、白鳥の姿を見ていたら少し風邪も良くなったてきたみたい。
    いやいや気のせいか。。

    [福島県いわき市 夏井川]
    tb: --   cm: 0

    白鳥の写真  


    EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  EOS 5D MarkII ISO100 1/640sec. f5.6
    【黄金の中で】


    白鳥を懲りずに追い続けます^^
    この川の周辺で、白鳥が編隊を組んで飛んでいる姿をよく見かける。
    飛行機のように大きく旋回して着水していくところも何度も見かける。
    ってことは、この川へカメラを持って来れば、そんな飛翔シーンを撮ることが出来るハズ。
    でもなぜが毎回ハズすんだよなぁ。原因はわかっている。辛抱が足りないだけ(笑
    20~30分待って白鳥に動きがなかったり、餌場から帰ってくる白鳥がいなければ、さっさと帰ってしまう。
    最低2~3時間は待たないと。でも、寒いし暇だし怪しいしでねぇ、これが。

    [福島県いわき市・夏井川]
    tb: 0   cm: 0

    白鳥の写真  


    EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  EOS 5D MarkII  ISO100 1.6sec. f5.6
    【幻舞】


    まるで夢の中で白鳥たちが舞っているようだった・・・
    なんてことを言うのが夢の話で、これ露出設定をミスってこんなにブレちまった。ボツ!
    SS優先1/40で飛び立つのを待っていたんだけど、なかなか飛び立つ気配がないものだから、絞り優先に切り替えて別の被写体を撮って暇つぶしをしていたら、突然この白鳥たちが騒ぎ出した。
    「おっ飛ぶか!」と思って絞り優先のままでカメラを向けてしまったのよね。。。
    やはり狙った構図があるなら、それに集中してじっと待っていないといけませんね!

    [福島県いわき市 夏井川]

    -- 続きを読む --
    tb: 0   cm: 0

    白鳥の写真  


    EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  EOS 5D MarkII  ISO100 1/800sec. f5.6
    【お腹いっぱい】


    飛び立つ白鳥を狙ってみたものの、ことごとく失敗しました。
    -- 続きを読む --
    tb: 0   cm: 0

    ハクチョウ  


    EOS 5D MarkII EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  ISO100 1/800sec. f5.6

    ブログのテンプレートを一新!
    こんなオシャレなテンプレートを作っている方をWEBで見つけて、使わせて頂きました。
    なかなかカスタマイズが大変で、ようやく昨日そのカスタマイズも一段落して水中写真のブログ共々変更しました。
    このテンプレートに変更するにあたり、「拙いアマチュアが撮る、そのへんの風景」ってブログタイトルはちとカッコが悪いので、ブログタイトルも変更しました。

    さて、今朝は飛び立つ白鳥の姿を写したくて、市内を流れる川の河川敷にある「白鳥ふれあい広場」なんてところへ行ってきました。
    既に4人のカメラマンの姿がありましたが、皆さん600�ぐらいありそうなレンズを三脚にセットしてます。
    私だけ手持ちズーム。。。いつか買ってやる(笑
    さてさて、白鳥達の動きはどうかな?
    ん~、まったく飛ぶ気配がない。
    白鳥って、数羽まとまって飛んでいくので、互いに泣き声やら、羽をバタバタさせたりしてコミュニケーションをとるらしいけれど、そんな仕草をしている白鳥はいない。。。
    足元の水草食ってるか、寝てるのばっかりです。
    6時から8時まで待ってみたけれど、飛んだのは2組だけでした。残念。

    また来年(2012年1月のこと^^)来て見よう。
    それでは皆様、よいお年を!

    [福島県いわき市・夏井川]
    tb: 0   cm: 2

    ハクチョウの季節  

    Canon EOS 5D MarkII EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


    春夏は賑やかだった川も、秋になると少々寂しい感じに。でも、冬には再び賑やかさが戻ってきます。
    tb: 0   cm: 0

    鳥インフル  


    EOS 5D MarkII ・ EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ・ f5.6 1/400sec. ISO3200



    00074.jpg
    EOS 5D MarkII ・ EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ・ f5.6 1/400sec. ISO640



    鳥インフルエンザ対策のため、ハクチョウに餌をあげる人の姿は最近ぜんぜん見かけなくなりました。

    写真のじいさんは、たぶん「白鳥を守る会」みたいな会員で、公認(黙認)^^の餌やりじいさんだと思う。

    仕事柄少しばかりウィルス関係の知識もかじっている私個人的には「近づかない」ことに関して過剰反応のように思うが、モラルのないカメラマンにはなりたくないので、いままで我慢して近づかないようにして撮影していた。しかし今回ばかりはこのじいさんに連れられるまま近くまで寄ってしまった。
    少し罪悪感はあったが、じいさんが餌をやる数分間だけ間近で白鳥を眺め、愛嬌のある表情をみれたし、目の前で飛び立っていく姿は迫力があってカッコ良かった。


    tb: 0   cm: 1

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。