アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

    2011.11 石垣の海シリーズ エビ編 Part2  

    遅ればせながら、石垣の海シリーズです。今回は「エビの仲間」第2弾です。

    1112999_51.jpg
    【ミカヅキコモンエビ】
    EOS 5D MarkII EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 
      
    透明の体に黄色のラインが奇麗なミカヅキコモンエビ。
    奇麗な被写体でも撮るときにそっと近づかないと、周りの砂等を巻き上げてしまいます。
    巻き上げてしまったら最後、フラッシュ光に砂が反射してこのとおり。



    1111999_36.jpg
    【ベンテンコモンエビ】
    EOS 5D MarkII EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 
      
    1枚目の写真のミカヅキコモンエビと同属のベンテンコモンエビ。こちらは赤と白のストライプ。
    クリーナーシュリンプと言って、魚の掃除屋です。なので、魚もこのクリーナーシュリンプを餌にすることはありません(確か。。)このままレンズを向けたままでいると、レンズをクリーニングしてくれます(たぶん。。)



    1111999_94.jpg
    【イソギンチャクモエビ】
    EOS 5D MarkII EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 

    動画を撮りたいエビ、ナンバー1。
    なぜかというと、このしゃちほこ体勢でずっとシッポをフリフリしているから!
    この動作がかわいいので、ダイバーに人気のあるエビです。



    1111999_98.jpg
    【ニセアカホシカクレエビ】
    EOS 5D MarkII EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 

    こんな玉みたいな珊瑚に住み着いていて、とてもフォトジェニック!(それなりに撮れれば。。)


    次回は、たぶん「ウミウシシリーズ」^^
    スポンサーサイト
    tb: 0   cm: 0

    2011.11 石垣の海シリーズ エビ編 Part1  

    昨年、石垣島で撮影した水中写真シリーズ第1弾です。ちょっと遅くなりましたが、、
    今回はエビネタです。
    陸上にもいろいろな形をした昆虫や小動物がいて楽しいですが、水中にも形が面白かったり、色が鮮やかだったり
    とバリエーション豊かな生き物がたくさんいます。見方によっては「キモチ悪い」で終わりですが。


      EF100mm F2.8Lマクロ IS USM EOS 5D MarkII
      【ウミシダヤドリエビ】

    ウミシダっていう、陸上のシダに似た動物に付いて生活しているエビです。
    ウミシダの色に合わせて擬態してます。


    1111999_2.jpg
      EF100mm F2.8Lマクロ IS USM EOS 5D MarkII
      【バサラカクレエビ】

    このエビもウミシダを宿主に生活してます。もちろん色も擬態してます。
    下の写真も同じエビですが、黄色いウミシダに付いているので、こちらは全身黄色です。

    1112999_12_20120305164718.jpg
      EF100mm F2.8Lマクロ IS USM EOS 5D MarkII
      【バサラカクレエビ】

    1111999_91.jpg
      EF100mm F2.8Lマクロ IS USM EOS 5D MarkII
      【カイメンカクレエビ】

    1112999_23.jpg
      EF100mm F2.8Lマクロ IS USM EOS 5D MarkII
      【コマチコシオリエビ】

    一見すると「カニ」ですが、このコもエビの仲間です。
    このエビもウミシダに住み着いていて、とてもちっちゃいエビです。
    本当はもっとかわいいんです。撮り方誤って、キモチ悪い写真写りになってしまいましたが。
    tb: 0   cm: 2

    ベニサンゴガニ  

    OLYMPUS E-410 ・ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


    たぶんベニサンゴガニだと思う。。。
    実はまだまだ海の生き物の名前がわからない^^;
    いつも図鑑で確認しないと自信がありません。

    キサンゴの奥に潜り込んでいるので、私には撮るのがむずかしい。。
    tb: 0   cm: 0

    オルトマンワラエビ  

    OLYMPUS E-410 ・ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


    エビという名前がついているけれど、見た目はカニですね。
    地上にいたら間違えなくクモ^^
    でも、正面顔を見るとやっぱりエビかなと思います。
    まだ、正面顔を撮れたことがないので、今度チャレンジしてみようと思います。
    tb: 0   cm: 0

    ウミウシカクレエビ  

    OLYMPUS E-410 ・ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


    ニシキウミウシに住んでいた、ウミウシカクレエビです。
    ちょっとピントはずしてますが。。。
    隠れ家にするには、ニシキウミウシのカラーリングが相性ピッタリのような気がします^^
    tb: 0   cm: 0

    イソバナガニ  

    OLYMPUS E-3 ・ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro



    イソバナと共生している小さなカニ(2�ぐらいかな)です。
    それにしても、宿主に見事に擬態する海の生き物はスゴイ!関心してしまうほどそっくりですね。
    このイソバナガニの擬態もお見事!


    tb: 0   cm: 0

    イソギンチャクモエビ  

    OLYMPUS E-3 ・ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro



    ミズタマサンゴに居たイソギンチャクモエビ。。
    名前のわりに、そんなにイソギンチャクには依存していないらしいですね。
    確かにイソギンチャクにいるところは、あまり見かけないかな。

    この写真、実はペアで居たのですが、少し離れていてペア写真はうまく撮れませんでした。悔しい!

    それにしても、おしりフリフリする姿がかわいい。動画で撮ってみたいですね。
    ところで、なんでそんなにフリフリしてるの?
    tb: 0   cm: 0

    石垣の海  

    E3_00008.jpg
    OLYMPUS E-3 ・ ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro



    ミズタマサンゴに生息するバブルコーラルシュリンプ。体長約1�ぐらいの小さなエビの仲間です。
    柔らかそうな白いサンゴに、半透明で紫のライン(写真は青くなってしまいましたが)が入っている体がとても綺麗でした!
    もっと正面から撮りたかったのですが、窪んだ場所だったので、これで精一杯。。

    久しぶりの水中撮影で(最近、伊豆にも行けなかった。。)
    露出とフラッシュの関係をすっかり忘れていて(もともとあまりわかっていませんが^^;)
    アンダー過ぎたり、白とびだったりで、この写真を撮るまで苦労しました(汗

    水中マクロはだいたいマニュアルフォーカスで撮るのですが、
    ど~もハウジングのフォーカスの調子がよろしくない。。。
    ってことで、もうオートフォーカスに切替え!狙った画角あたりで、適当な場所にピントを合わせてロック。
    そのまま体の前後微調整でピント合わせ!の方法で。。。

    そんなこんなで写真を撮ってたので、かなりの枚数シャッターを切ってしまいました。。。
    フィルムに憧れるけど、これじゃ無理ですね^^
    tb: 0   cm: 1

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。