アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

    EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  

    ※投稿日は、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMの発売月に設定しています。



    2011.1.23記

    このズームレンズは、2年ぐらい前に購入したもの。
    途中、オリンパスのフォーサーズにシフトしていたため、購入後2年経っているにも関わらず、あまり使用していなかった^^;

    オリンパスを多用していた時期に、同じ画角を得られるZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDを使用していたので、比較対象レンズはこのレンズで。

    と言っても、技量、知識ともにまだまだ未熟者で、レビューなんて書けたものではないが、私の個人的な偏見大交じりの使用感をちょっとだけ。。

    サイズ・重量
    重いか軽いかと聞かれれば重い。ただ、この広い画角をカバーするレンズでこの重量は当たり前のことかなと思うし、私的にはぜんぜん気にならない。ちなみにZD50-200が995g EF100-400が1380gみたいです。数字で見ると大差あるように思えますが、実際に持った感じは変わらないと感じます。

    大きいか小さいかと聞かれれば大きい。ただ、100-400でこれより小さかったり軽かったりすると、望遠を手持ち撮影する場合に安定せずブレ写真量産することになると思う。小さく構えるより、大きく構えた方が安定しますよね。でも、作品撮りではなく、気軽に撮影を楽しみたい場合には避けた方が無難かもしれません。。

    5D2とのバランスは重量、サイズともに良好です。

    IMG_0027.jpg
    100㎜時

    IMG_0028.jpg
    400㎜時

    ズーム操作は、ズームリングを回転させる方式ではなくフォーカスリングの真後ろにあるロックを回し解除し鏡胴自体を前後にスー、スーと移動させる方式(正式名称があったような気がしますが、この説明で許して^^;)
    感覚的にズーム操作が出来るので、これはいいです。ただ、ロックを完全に開放するとスカスカで滑りまくりの動きまくりなので、画角が決まったらロックを閉めなければなりません。私は、ロックを完全に開放せず、中間あたりまで回してズーム操作してます。ガッと掴んで手首一ひねりぐらいの位置かな^^;メモリとかはないのでどの位置かわかりませんが、使っているうちにだいたいの感覚がつかめてきました。

    手ぶれ補正のスイッチは、三脚使用時以外は常にオンにしてます。これはどのEFレンズでも同じ。
    手ぶれ補正効果は、何段分とか何かに書いてありましたが、頭に入ってません(2段分ぐらいだったかな)^^;
    私の手ぶれ限界
    このレンズでの撮影で1/60までは、手ぶれをそれ程気にしなくても撮れる気がします。
    1/30ではかなり集中します(息をとめるぐらい^^;)
    それ以下では、何枚か撮ってやっと1枚か、感度を上げて対処か、三脚を使用しないとダメな感じです。

    AF、MF切替えスイッチも常にAFに。
    AFは、親指AFに割り当てているので、MF時もここのスイッチの切り替えは不要です。
    00029.jpg

    写り
    フルサイズの5D2では、条件(絞りを開放側にするほど)によっては周辺光量が落ちます。問題視?されているようですが、個人的には周辺光落ちが好みの変わった人種なので^^;気になりません。というか、落ちてる写真ができると「おっ、いい感じ」と思ってしまう。
    カメラ側でも、キヤノン専用ソフトDPPでも補正できるようですが、そんな訳で補正機能はぜんぜん使ってません。

    F値は4.5-5.6と明るいとは言えませんが、望遠レンズではある程度絞って撮らないとピントが合わないし、ピント合わせも大変なので、このぐらいが適当かと思います。

    ZDでは全くと言っていい程フレアは気になりませんでしたが、このレンズは逆光ぎみの時に頻発してます。しかし、周辺光量落ちと同じで、写真に一味の演出をしてくれるので、全く気にしてません。

    本当は、描写についてもっと語れるといいのですが、細かいところはあまり気にならず、どちらかというと写真全体のバランスばかり重視しているので、まったく検証等をしてませんので、これぐらいしか書けませんでした^^;

    1998年頃?に発売されたレンズで、リニューアルを求める声もあるそうですね。
    私個人的には100から400㎜までを1本でカバーしてくれるこのレンズに対して、今のところ特に不満なく使っています。
    あっ 防塵防滴にはしてほしい。安心感が増すから^^;
    スポンサーサイト
    tb: 0   cm: 2

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。