アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

    2011に向けて  



    クリスマスも終わり、いよいよ2010年もカウントダウンに入った感がありますね。
    今年はブログを初めた年でもありましたが、いつの間にか多くの方にお越しいただくようになったり、ブログ間ではありますが、リンクを貼らせて頂いた方々には大変お世話になりました。

    さて、私の趣味の一つがこの写真。まだまだ思い通りに撮ることもできず、機材のこともいまいちわかっていませんが、写真を撮ることがおもしろいし、向上心もある。失敗しても悩みながら撮っているのも、なかなか楽しかったりする。
    話は逸れますが、一番力を入れているのは、実は水中写真なんです^^ 写真を始めたのも水中の写真を撮ってみたいから。
    そんな水中写真を撮るために、福島から伊豆まで通っていますが、水温が15℃を下回ると寒さに耐えきれず、この時期は一時中断します。その間にダイビング機材と水中撮影機材をオーバーホールに出して、準備万端の状態でまた水温の上昇とともに海に向かい始めます。今回もオーバーホールを出すついでに、E-3のハウジング(防水ケース)をE-5用にコンバージョンさせようかと思いました。が!このコンバージョンの値段が意外と高かった(汗)9万円超えなんです(元のハウジングは27万円ぐらいだったかな)。。。 ん~~~ 何より資金がなければダイビングに行けなくなるので、あまり機材に金を掛けたくないのですが、水中写真を撮るために(自分の撮りたい写真を自分の技量で撮るために)必要なものは最低限は揃えたい。。。
    まぁ、こんな考え方なので、E-3で十分撮れるのでハウジングのコンバージョンはいいや!となりました。これでひとまず一件落着となるはずが、ふと自分のカメラ機材を見返すとそう考えると多すぎる。。。 なにか訳の分からない文章になってきてしまいましたが、心を鬼にして機材整理をしようかと本気で考え出した次第です。

    現在私は、オリンパスとキヤノン(しばらく眠ってましたが)を使っていますが、操作感・安定感・安心感から「撮影する」観点からみると断然、オリンパスの1桁機に軍配が上がる。しかし、「写真を通した自分の表現」という観点からみるとキヤノンの階調力?に惹かれる。実は私はあまり解像力・解像感はあまり気にならない。というか、オリンパスE-1の時点で十分なんです。パソコン画像でしか見ないから関係ないとかではなく、E-1で撮った写真を全紙に伸ばして飾ってみたり、地元の展覧会ではありますが応募してみたりします。そんな私ですので、あとオリンパスに望むことは、画素数(もう十分)でもなく、感度(明るいレンズがあるのでもう十分)でもなく、シャッター速度、連写性能(もう十分)などのスペックではなく、もうひといきの「階調を豊かに」を望んでいます。なんか階調がダメだみたいな感じになってしまいましたが、否定している訳ではなくて、今のままでもいいのですが、キヤノンと比べるとまだ向上の余地があるのではないかと思う程度です。しかも、あくまでも一個人の私がですので^^;なので「それはお前の撮り方次第だろ」とか、カメラを熟知されていたり、撮影技術が高い方とか、仔細にフォーサーズを分析されている方から「それ間違ってる!」と怒られるかもしれません(汗)
    話は戻りますが、そんな訳で、私の中では度々繰り返しますが、もう十分ではあるのですが、非常に高い完成度を目指すならあと少しオリンパスには階調をがんばってほしい。けれども、今、オリンパスはマイクロに注力しているし、フォーサーズが今後どうなるのかもわからない。マイクロは画期的なカメラだと思います。これは行くだろう!と思ったけれど、パナソニックやソニーもいい感じのを出しているので、マイクロ一辺倒も厳しい状況になるのではないかなと勝手に思ってます^^;そんな状況の中でマイクロ注力も時期がきたらまたフォーサーズに注力してくるような気がこれまた勝手に思ってます。なにより、フォーサーズ開発に関わった技術者の方々が一番もっとフォーサーズを!と思っているような気がしてなりません。「マイクロに注力」は経営を一番に考える上層部の方々だけでしょう。やはり技術者は最高の本物を作りたいと思っているはずですよ。そんな訳で(いままでの文章ではどんな訳かわかりませんが。。)機材整理を考えた結果、今はキヤノンEFマウントに統一して、フォーサーズは手放してしまおうと思います。一気にではなく徐々にですが。愛着の湧いてしまった機材達で非常に残念なんですが、もう少し「自分の撮りたい写真を撮る」ことに集中できるようにしたいと思います。ただ、数年後、フォーサーズが活気づいたらまた戻しますけど^^なぜなら、操作感・安定感・安心感がなにより抜群だから!この頃には、私の気になる階調も向上していることでしょう。
    なんか、「さよなら」みたいなことになってしまいましたが、とりあえず機材は変わるけれども、写真を撮ることに変わりはありませんので、今までお越し頂いた方々、かなり刺激を受けたリンクを張らせて頂いている皆様、今後ともよろしくお願いします!頼むからフォーサーズがんばれ!!
    あっ ここまで書いておいてですが、まだ、心がグラグラ揺らいでいる状態ですので、この話なくなるかもしれません^^;
    スポンサーサイト
    tb: 0   cm: 2

    パラオの海  

    00003.jpg



    パラオにて撮影したマクロレンズを通してみた海の世界です。
    この時は5日間朝から夕方まで潜り倒して、100枚程の海の生き物の写真を撮りました。
    その中のほんの一部ですが、ご覧下さい。

    ワイドレンズを通して見た世界は後ほど。。

    tb: 0   cm: 2

    パラオの海  

    00012.jpg
    tb: 0   cm: 0

    パラオの海  

    00008.jpg
    tb: 0   cm: 0

    パラオの海  

    00007.jpg
    tb: 0   cm: 0

    パラオの海  

    00006.jpg
    tb: 0   cm: 0

    パラオの海  

    00005.jpg
    tb: 0   cm: 0

    パラオの海  

    00004.jpg
    tb: 0   cm: 0

    白鳥  





    白鳥が越冬のために来ている川に足を運ぶと、思い通りの写真が撮れなくとも、なぜか白鳥の動きをずーと
    見ていたくなる。じっと佇む白鳥、餌を食べる白鳥、飛び立つ白鳥、寝る白鳥、、、どんな姿、仕草も美しい
    ですね!
    tb: 0   cm: 0

    ハクチョウ  





    雨降りの今朝。少~しだけ時間があったので、ハクチョウが来ている川へ。
    最近は専らハクチョウを撮っています。写真を撮るようになってからはこの季節決まってハクチョウ撮りです。
    ハクチョウが助走をつけて飛び立つ瞬間の写真を撮りたいのですが、毎回(毎年)失敗に終わります。。
    今日はその川へ出向くのが遅すぎて、すでにハクチョウたちは近くの田んぼに食事に出てしまっていて、
    飛び立つ瞬間の写真を狙うことができませんでした。

    OLYMPUSは作りがしっかりしていて、雨が降っていても、放り投げても、ビクともしないし、
    E一桁機とHGレンズの組み合わせは軽すぎず程良い重量、小さすぎず程良い大きさで
    私自身としてはバランスの良い手持ち撮影システムです。
    tb: 0   cm: 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。