アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

    パラオの海  

    00003.jpg



    パラオにて撮影したマクロレンズを通してみた海の世界です。
    この時は5日間朝から夕方まで潜り倒して、100枚程の海の生き物の写真を撮りました。
    その中のほんの一部ですが、ご覧下さい。

    ワイドレンズを通して見た世界は後ほど。。

    tb: 0   cm: 2

    コメント

    No title

    お久しぶりです。
    パラオの水中写真すてきですね。
    マンタの口の中がこんなに成ってるとは知りませんでした。
    水中写真は、やったことが無いので詳しくは知りませんが
    機材を始めいろいろと制約があると思うのですが、
    陸上とは全くちがった世界はとても魅力的ですね。

    URL | Mura #-
    2010/12/23 10:10 | edit

    Re: No title

    Muraさん、こんにちは。
    水中撮影の時の機材は、カメラに防水のケースや外付けの水中フラッシュを2つぐらい付けてますので、
    4~5キロぐらいのとても大きく重たいものになってしまいます^^;ただ水中に入れると浮力が働くので、
    ぜんぜん重たくないんですよ。大きくて取り回しが大変で、窪んだところや、入り組んだところでのマクロ撮影
    は苦労するときがあります^^;
    わたしも実際に自分の目で、マンタの大きな口の中を見たのはこの時が初めてでした。
    正面からのマンタの姿ってなかなか見ることができないので、とてもラッキーでした!
    ダイバーがマンタを見るには、ダイバーは着底して待ち伏せし、頭上を通過するマンタを見上げる形で見る
    スタイルがほとんどなんです。この時は、マクロ狙いのポイントに移動中で、まさかマンタに出会うと
    は思ってもいませんでしたので、マクロを組んだシステムにしていました。もう少しでポイントに着こうかと
    いうときに、船長さんが船上から海中で捕食中のマンタを発見したんです。急いでタンクを背負って飛び込みました。
    「近づいたら逃げる」と思ってましたので、徐々に距離を縮めていきましたが、捕食に夢中なのか、私の
    ことなどお構いなしといった様子で、その場でずっと宙返り(捕食時はこんな行動をします)を繰り返して
    いました。私のようにたまにダイビングをするものにとっては、後にも先にも出会えない貴重なネーチャー
    シーンで、とても思い出に残りました!

    URL | WPW #-
    2010/12/25 10:01 | edit

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://wpwff.blog135.fc2.com/tb.php/107-31af25e9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。