アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

    EF17-40mm F4L USM  

    ※投稿日は、EF17-40mm F4L USMの発売日に設定してます。


    IMG_0088.jpg


    2011.2記

    EF17-40mm F4L USMを買ってしまった。
    広角は、EF24-105mm F4L IS USMの24mmで十分楽しめていて、必ず必要!って訳でもなかったが、EF70-200mm F2.8L IS II USMを買おうと思っていたところ、最終的には、水中撮影用にEF8-15mm F4L フィッシュアイ USMもほしいと思っていたことから、資金めぐりの関係で半値のEF70-200mm F4L IS USMにした、はずだったのに魔が差して17-40mmも買ってしまった(汗 まぁ最近ぜんぜんダイビングに行けてないし、17-40mmでも水中撮影はできるし、ま、いっか! なんとな~くそろそろリニューアルかもしれませんが、そのときはそのときで^^


    で、さっそく休日に撮影にでも行くかと思っていたら、悪天候、、、
    何もすることがないので、EF17-40mm F4L USMを室内で遊んでみることにしました。

    と、言っても何をしようか。。。(汗
    描写チェックかっ!ん~あまり興味がないし、大変そうだし。。
    ・・・一見してすぐわかる周辺光量落ちチェックでもしてみました~。

    周辺光量落ちは問題視?されていますが、個人的には味?クセ?があって逆に好みだったりします。が、取り敢えず遊び半分でチェックしてみました。


    周辺光量落ち比較

    共通設定
    EOS5DMarkII 絞り優先 評価測光 露出補正0 ISO100 WB:オート ピクチャースタイル:風景 周辺光量補正:しない
     

    17-40 17 f417-40 17 f4.5
    17-40 17 f5
    17mm F4.0(左上) 17mm F4.5(右上) 17mm F5.0(左下)

    17-40 17 f817-40 17 f11
    17-40 17 f16
    17mm F8.0(左上) 17mm F11(右上) 17mm F16(左下)

    絞りを開放から1/2段づつ絞ってF16まで撮影してみました。
    絞りを1段絞っても周辺光量は落ちてますね。
    枚数が多すぎるので載せてませんが、F5.6ぐらいから目立たなくなってきます。
    APS-Cサイズのボディを持っていないのでわかりませんが、APS-Cの範囲ではあまり問題なさそうな落ち具合ですね。

    ちなみにF4の画像をDPPで光量補正したものはコレ
    17-40 17 f4 周辺光量補正



    今回の暇つぶしはここまで!









    tb: 0   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://wpwff.blog135.fc2.com/tb.php/154-691e243c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。