アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

    OLYMPUS  




    仕事を終え家に帰るも、今日は台風で外に出ることも出来ず。
    ゆっくりと体休めの日にしよう。と言ってもまだ寝る気にもなれず、カメラの話でも。

    今は各社の新製品の話題で盛り上がっているのですが、歴史は浅いものの、今回は私のカメラ人生でも。。

    仕事、仕事で過ごしてきた私は、ある日「人生こんなんでいいのか?」と自問自答。
    趣味と言ったら仕事。。何か仕事以外で本格的に打ち込める趣味がほしいと思っていたところ、偶然にもダイビングと出会った。
    ダイビングでは、はじめコンデジで水中写真を撮っていたが、そのうちに綺麗な写真を撮りたくなった。
    写真が趣味の同僚に、いろいろと教えてもらっていたところ、NikonD200とCanon40D、それとズームレンズを譲ってもらえることが出来た。
    水中写真を撮るには、あとは防水プロテクタと外部フラッシュが必要。それに、水中の特性から被写体に寄って撮らなければならないということから、単焦点のワイド、マクロレンズもほしくなった。
    それ以前に、自分の意図通りに水中写真を撮るには、まずはある程度、陸上の写真が撮れなければならないと聞いていたので、この2台のカメラで陸上で写真を撮り始めた。
    まだカメラの知識が浅いものの、水中に持ち込むための機材をいろいろ調べていて、防水プロテクタも比較的、安くて、軽い0LYMPUS E-410が気になり始めた。
    しかし、どうも他のカメラと違うらしい、フォーサーズ?なにそれ?
    調べてみても、評価は様々。
    「デジタル専用設計だから良いのだ!」
    「いやいや、撮像素子が小さいからコンデジとあまり変わらん」
    「ボケない」
    「フォーサーズはズイコー(デジタル)レンズとの組み合わせで初めてパフォーマンスを発揮する」
    などなどで、結局良いのか良くないのか分からない。
    とりあえず使ってみようかという結論に達して、私のOLYMPUS初号機となるE-410と14-42mmのセットを購入したわけです。
    同じ条件で撮ることはなかったのですが、しばらく3台を持ち歩いて撮影を続け、それぞれの写真をA4にプリントして眺めてみても、自分の腕で撮った写真は、これと言ってフォーサーズでも問題なし。今ではA3、全紙プリントもしますが、結果は同じ(あくまでも自分で観た感じでは。ノイズっぽいのはありますが、気にならないし逆に味があっていい)

    眠くなってきたし、ちょっと長くなってしまったので、続きはそのうち^^


    tb: 0   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://wpwff.blog135.fc2.com/tb.php/18-1e47f4bc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。