アマチュアTAKUYAの風景写真挑戦記

    challenge to nature & landscape photographic

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    tb: --   cm: --

      


    EOS 5D MarkII ・ EF70-200mm F4L IS USM ・ f11 30sec. ISO200

    山中にある不動尊へ

    そこにある落差10mほどの滝。
    この近辺は鉱石が多く、鉱山跡が至るところにある。
    この滝も鉱石が露出していて、青み掛かった黒光している岩が美しい。


    110811.jpg
    EOS 5D MarkII ・ EF70-200mm F4L IS USM ・ f4 2.5sec. ISO100



    いわき市四倉町の山中にある「不動の滝」
    ここには、不動尊と不動明王様がひっそりと佇んでいます。
    山道入り口からこの滝のある場所までは、徒歩15分ぐらい。

    朝4時頃、山道入り口に到着。
    まだ辺りは静まり返った真っ暗闇で恐怖感があります。
    ただ、この時期煩わしいアブがまだ活動していない時間帯なので、その点では早朝の山はいい。


    1枚目の写真は、滝の最下部を切り撮ってみました。
    WB蛍光灯(青光りする真っ黒な岩の印象を強調するため)
    PL未使用(岩のテカり具合を残したかったから)
    絞り優先、スポット測光(滝が落ちる岩あたりを)
    マイナス補正(黒い岩の質感を残す、滝の白とびを押さえるために)

    2枚目
    不動明王と滝をパンフォーカス気味に撮ってみようと思い、24-105mmで狙うも、足場も限られ構図もイマイチ
    70-200mmで背景の滝は思い切ってぼかしました。
    WB太陽光
    絞り優先、評価測光
    マイナス補正
    下の写真は帰りに撮ったもの。
    110813.jpg

    110814.jpg

    110816.jpg

    夏真っ盛りでハチ、アブを避けてか、原発事故の影響か、しばらく人が歩いた形跡がなく道にはクモの巣だらけ。
    それ以前に、この場所はたぶん地元の人しか知らなそう。自分も知らず、ネットでたまたま見つけたのでした。
    暗闇の中、ライトの光だけで足元とクモの巣を確認しながら山道を進んだので、到着まで30分ぐらい掛かってしまった。。

    110818.jpg


    滝に到着すると、薄っすらと空が明るくなってきました。
    tb: 0   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://wpwff.blog135.fc2.com/tb.php/186-28ff6018
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。